アーユルヴェーダとは

インドで発祥した世界最古の医療システムで、5000年以上も継承されています。

西洋医学のように病状を取り除くのではなく、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。

ギリシアの医学、中医学など様々な医療システムに影響を与えてきたアーユルヴェーダは、

近年、西洋医学に替わる医学として世界中から注目され、WHOも推進しています。


Ayurvedaという言葉は、サンスクリット語で「生命」「長寿」を意味する「Ayus」と「知識」「智恵」「科学」を意味する「Veda」から生まれました。直訳すると、アーユルヴェーダとは「生命科学」となります。

医療だけにとどまらず、「より良く生きる知恵」「生命を生かしきる智恵」を示してくれるのが、アーユルヴェーダです。


アーユルヴェーダでは、ドーシャと呼ばれる自然エネルギーで体が構成されていると考えます。

ドーシャとは、「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水)」の3つのエネルギーです。

この3つのバランスがとれている状態が健康、バランスが崩れるとアーマ(毒素)を作り出し、健康をうしなう状態になると考えます。


この3つのエネルギーは、季節、時間、心身の状態、個人の性質など、様々なことに影響を受け、バランスを崩します。

このバランスを崩さないよう、または、元にもどすように、オイルマッサージ、食事、生活リズム、考え方、心の在り方などで調整していきます。


更に詳しく知りたい方は、下のサイトをご覧ください。

えんがわ的アーユルヴェーダ


アーユルヴェーダはシンプルかつ奥の深い医療システムですが、当サロンでは、治療はおこなっておりません。

身体を治すのはお客様自らです。

誰でも最初から備わっている「治す力」「元にもどす力」を取り戻していくお手伝いをさせていただきます。

アーユルヴェーダの目的は、「幸せの拡大」だとわたしたちは捉えています。

そのための心身の健康であると考えます。

当サロンでは、アーユルヴェーダの考えをベースに、薬草オイルでデトックスし、心身のバランスを取り戻していくことはもちろん、「幸せの拡大」という目的に沿っているものであれば、全てアーユルヴェーダだと思っています。

アーユルヴェーダは敷居が高いというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、「幸せの拡大」と

捉えていただき、気軽に門をひらいていただければと思っています。